縁起えんぎ

当社には、あの桃太郎のお話のもととも云われる
温羅退治のお話が伝わっています。

吉備津彦の温羅退治は、昔からのこの地に伝わる神話で、
桃太郎の童話は、この神話がもとになったとも言われています。
吉備津神社には矢立神事や鳴釡神事、
吉備津彦の凱旋を豪勢なお膳で祝ったと言われる
春と秋の七十五膳据神事などが祭事として今に伝わっています。

鬼退治神話

昔むかし、吉備のくに

阿曽の里は、近くまで海であったそうな。
瀬戸内の海風に吹かれて人々は
ほっこりのんびり、
幸せにくらしておった。

ある日、百済の国の王子「温羅」という、
おそろしい者がやってきた。
ひげがぼうぼう、目は虎や狼のように輝き、
身の丈は四メートルもある乱暴者。
足守川の西の新山に城をつくり、
そばの岩屋に住み着いておった。

鬼ノ城

当社より北西の方角に鬼の城と呼ばれる朝鮮式の山城の石積が存在し現在も調査発掘がされています。

城の下を通りかかる船があれば、
ことごとくこれを襲い、
積み荷を奪い取るのは朝飯前。

女や子供、弱い人間と見れば、
ことごとく連れ去り、
城へ閉じこめていた。

あらがう人々を次々に釜ゆで
にしたりと、やりたい放題。

里人たちは、時の朝廷に
「助けてくだせえ。」とうったえた。
そしてキビツヒコが遣わされた。

「皆、案ずるではない。」

キビツヒコはそう言って
吉備の中山に陣を据えた。
そしてその西には石の楯を築いた。

矢喰宮

命が射た矢と温羅が投げた岩が空中で衝突し落ちた処には矢喰宮が現存します。

かたや、温羅も待ちかまえ、
ついに、たたかいがはじまった。
キビツヒコは岩に矢を置き、
念ずると、びゅう、と放った。
温羅も矢を放つ。ひょう。

ばちん。
どちらの矢もはげしく、
空中で火花を散らして当たり、
お互いの陣の間に落ちてしまって、
相手にとどかない。

なかなか勝負がつかない。

「そうじゃ。」
キビツヒコは一計を案じ、
二本の矢を同時に放った。
びゅ、びゅう。

温羅はそれとも知らず、
それまでどおり一本の矢を放つ。
ひょうぅ。
ばちん。
これまでと同じく、
お互いの矢が一本ずつ当たり、
地上に落ちる。

しかし、キビツヒコの放ったもう一本の矢は、
見事、温羅の目に刺さった。
温羅の目からはたくさんの血が流れ出し、
ひと筋の川となって流れ、
下流の浜を真っ赤に染めた。

血吸川

総社市東部に流れる川。
吉備津彦命が放った2本の矢のうち、
1本が温羅の左目に命中し、
吹き出す血で出来た川と言われています。

「これはかなわん。」
温羅はキジにすがたをかえ、
逃げることにした。

「まてっ。」
それを見たキビツヒコは、
タカとなり、追いかけた。

「こりゃいかん。」
追いつかれると思った温羅は、
今度は鯉となって血吸川に飛び
込んだ。

ざぶん。

すかさずキビツヒコも鵜にすがたを変え、
川に飛び込んで追いかける。

「もうだめだ。」
逃げても逃げても
追いかけてくるキビツヒコに、
温羅はとうとうあきらめた。
「観念せい。」
キビツヒコはついに温羅をくわえて捕まえ、
その首をはねた。

鯉喰神社

血吸川を鯉となって逃げる温羅
を噛み上げたところには鯉喰神
社が現存します。

「うおーん、うおーん」

しかし、あろうことかその首は
何年もほえ続け、人々をなやませた。

キビツヒコは家来のイヌカイタケルに
命じて、犬にこの首を喰わせようとしたが、
それでもまだ、首はほえ続けた。

ある夜のこと、キビツヒコの夢に
温羅があらわれ、こう言った。

「私の妻、阿曽媛にお釜殿の火を炊かせよ。
釜は幸福が訪れるなら豊かに鳴りひびき、
わざわいが訪れるなら、
荒々しく鳴るだろう。」

それから、お釜殿では毎年、
その年が良い年かどうかを
占うことになったという。

キビツヒコは、吉備の中山のふもとに
かやぶきの宮を建て、
二百八十一歳の長寿をまっとうした。
その脇には艮御崎となって、
温羅も封じ込められておるんじゃ。

こうして、阿曽の里は平和を取り戻し、
里人たちは元のように幸せに暮らした。
今、その吉備の中山のふもとには、
吉備津神社が建てられ、
キビツヒコがまつられておる。

その他 吉備津神社に伝わるもの